« 【本】優しく切なく可笑しいフットボールエッセイ・・・近藤篤『木曜日のボール』 | トップページ | 【本】外交とは何かが見える本・・・北野幸伯『プーチン 最後の聖戦』 »

2012年7月29日 (日)

何でも食べちゃうヤンチャリカ

ハイハイを覚えるのが遅く、比較的おとなしいと思っていたうちの太郎も、1歳を過ぎて急にヤンチャ坊主になってきました ^^;


ハイハイが下手で片足を引きずる感じだった太郎も、いまや両脚をきれいに動かしてスイスイ動き回るようになりました。

・・・それは嬉しいんですけど・・・

移動した先でごみ箱をひっくり返し、

本棚のCDや本を片っぱしから叩き落とし、

ティッシュをがんがん引っ張り出します。


また、太郎はつかまり立ちもだいぶサマになってきて、ぐらつかずに安定して立つようになりました。たまに手を離して立つこともあります。

・・・それは嬉しいんですけど・・・

ご飯の時間にはテーブルの上のコップをひっくり返し、
(うちのテーブルは洋風のいすに座るタイプじゃなく、こたつ一体型の低いやつ)

おかずの皿に片っ端から手を突っ込もうとし、

私がちょっと箸やスプーンを置いた隙に奪おうとします。


太郎のいたずらっぷりには、たまに「こらーーー何すんじゃーー!」と怒りたくなるほどです(笑)

そんな太郎を見ていて、むかしNHKの「おかあさんといっしょ」かなにかでやってた「ヤンチャリカ」という歌が、突然頭の中にポンと浮かんできました。

いたずら好きのヤンチャな子どもの歌なんですけど、知ってますか?

「ヤンチャクッチャーボウズ ヤンチャリカ♪」という歌詞と、なぜかロシア民謡風の曲調が妙に頭に残っていて、サビの部分を今だに覚えてました。奥さんもこの歌を覚えてました。

歌詞はこちら(Gooのページへ)


この歌、調べてみるとなんと 作詞が阿久悠、作曲が小林亜星 でした。

めっちゃ豪華やん!

小林亜星はともかく、阿久悠がこんな童謡っぽいものも作ってたとは知りませんでした。

いま私と奥さんの間で、この歌がにわかに大流行中です。



さて、今日の太郎のヤンチャリカぶりですが、

こんなことをしでかしてくれました。






120729_1




本を食われました(泣笑)



太郎よ、いつからヤギになった!?

大した本じゃないからいいけど(←サラリと著者に失礼な発言)、仕事で使う高い技術書とか食われた日には大打撃です。


これからは、本は全部、ヤンチャ食ッチャ坊主の手に届かないところに避難します!


|

« 【本】優しく切なく可笑しいフットボールエッセイ・・・近藤篤『木曜日のボール』 | トップページ | 【本】外交とは何かが見える本・・・北野幸伯『プーチン 最後の聖戦』 »

子育て」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

太郎クン、元気でなにより~note
うちもまごちゃんたちがやってくると、そんなカンジです( ´艸`)プププ
上の女の子のときはそうでもなかったんですが、2番目の男の子の豪快な食べっぷりsign01
うちもコタツタイプのテーブルなので、古新聞を敷いてから子ども用のいすでご飯食べてもらってます・・・( ̄▽ ̄;)
お盆休みに来るころには、少しは上手に食べれているのか・・・楽しみですconfidentheart04

投稿: みちくさ | 2012年7月30日 (月) 20時26分

カワイイ、なつかしい!
今はそう思いますけど、真っ最中は毎日「あ〜っ!」とか「わ〜っ!」って叫んでた気がします(^∇^)
太郎君、毎日楽しいですね♡

投稿: ミナゾウ | 2012年7月30日 (月) 22時05分

書き込みありがとうございます!

>みちくささん

実際に親になってみるまで、こんなに何でも触るように(そして食べる
ように!)なるとは思いませんでした^^
 
うちもお盆におばあちゃんの家に泊まりでお邪魔してきますよ~。
太郎の場合、本当に文字通り「お邪魔」してしまいそうな気がします(笑)
私の弟の子どももはじめて来る予定なので、それはそれはにぎやかに
なりそうです。

>ミナゾウさん

いやほんと、まさに毎日「あ~っ!」ですね。
あんまり大声を出し過ぎるとビックリして泣いちゃうんで気を付けてます^^

でも、日常に慣れ切っちゃった自分からすると、何にでも好奇心をもてる
太郎がなんともうらやましい限りです。

投稿: ネリノ | 2012年7月31日 (火) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1679673/46510182

この記事へのトラックバック一覧です: 何でも食べちゃうヤンチャリカ:

« 【本】優しく切なく可笑しいフットボールエッセイ・・・近藤篤『木曜日のボール』 | トップページ | 【本】外交とは何かが見える本・・・北野幸伯『プーチン 最後の聖戦』 »