« インターネットが作るぜい弱性への警鐘・・・W.H.ダビドゥ「つながりすぎた世界」 | トップページ | 意外と便利なGoogleアラート »

2012年7月 2日 (月)

アレとの遭遇

今年もついにアイツが我が家にやってきました。



そう、ゴキブリです!


夜にキッチンで皿洗いをしていたら、目の前のふきんを吊るして干してある棚に、茶色いかげが「コソコソッ」と現れました。

思わず 「うあぁ!!」 と情けない声を出してしまいました(^^; 太郎が起きなくてよかった)

私は昔からゴキブリが苦手なんです。っていうか、皆さんそうでしょうけどね。得意という人など聞いたことがないです(笑)

この時期だけは、ゴキブリが出ない北海道の人を本気でうらやましく思います。


ともかく、ゴキのやつをキンチョールでやっつけようとしたんですが、そいつはカサコソとガス台の裏側に逃げこみました。

ほんと、あの妙なスピード感と、物陰に隠れる習性がなければ、ゴキブリをそこまで苦手に感じずに済むだろうに・・・と思っちゃいます。

キンチョールはゴキ専用じゃないんでなかなか効きませんでしたが、なんとか逃がさず無事にゴキを仕留めました。ひいふう・・・

これからは洗い物や生ごみ処理なんかをすぐさまやらないといけないですね。




実は私とゴキブリは、私が学生だった頃から、因縁浅からぬ宿敵どうしなのです。

というのも、学生時代に住んでいたアパートが、友達の間では「ゴキブリ屋敷」とか言われていたほどのボロアパートだったんです。

いま思えば、人の家を「ゴキブリ屋敷」だなんてずいぶん失礼な話だなと思いますが(笑)、事実ゴキブリが数日に1ぺんは出てくるんだから仕方ない。

そのアパートは築ン十年の木造アパートだったんですよ。屋根裏なんかにはさぞたくさんのゴキブリが住んでいたことでしょう。

それに加えて、天井の隅や押し入れの中はすき間だらけになっていて、おまけにトイレの壁にはでっかい穴があいていたんです。

そりゃ、これでゴキブリが出てこない方がおかしいというものです。


当時、ゴキブリとの遭遇のしかたはいろいろでしたが、私が一番イヤだったのはこんなパターンです。

私の部屋のトイレは、ウンチングスタイル(死語)でやる和式トイレでした。

そこで用を足そうとして「よっこらせ」と腰を下ろしたとき、和式トイレの俗に言う「金隠し」(恥ずかしい言葉だ・・・笑)の裏っかわにしがみついてたゴキブリが、いきなりポトッと便器の中に落っこちてきたりするんですよ!

私は姿勢を低くしてかがんでるもんだから、ヤツがいきなり至近距離に現れるわけなんです。

これがもう、やつのテラテラした身体からカサコソした手足までよく見えて、とにかく気持ち悪かった! もう問答無用で、すぐさま水でジャーーーでした。

だから私は途中から、トレイに入るときにまず金隠しを蹴飛ばしてから(笑) 腰を下ろすようにしていました。

それにしてもあのゴキブリは、何が悲しくてキンカクシの裏にずっとしがみついてたんでしょうか

そいつの悲しい最期を思うと、敵ながらなんだかちょっぴり切ない気分になります(笑)



|

« インターネットが作るぜい弱性への警鐘・・・W.H.ダビドゥ「つながりすぎた世界」 | トップページ | 意外と便利なGoogleアラート »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1679673/46149807

この記事へのトラックバック一覧です: アレとの遭遇:

« インターネットが作るぜい弱性への警鐘・・・W.H.ダビドゥ「つながりすぎた世界」 | トップページ | 意外と便利なGoogleアラート »