« 京大・山中教授のノーベル賞のすごさ | トップページ | 秋の三浦半島旅行(その2)@城ケ島公園 »

2012年10月10日 (水)

秋の三浦半島旅行(その1)@京急油壺マリンパーク

先週末の3連休のうち、日曜と月曜の2日間で、神奈川県の三浦半島に1泊の旅行へ行ってきました!

今日から数日、その旅行日記を書きたいと思います。

ちなみに三浦半島というのは、神奈川県の南東にちょこっと張り出した部分です。ちょうど千葉の房総半島と向かい合うような位置ですね。

名物といえば、何といっても半島の先っぽにある三崎のまぐろ! あとは大根などの野菜も有名かな。

三浦半島では毎年大規模なハーフマラソンがあって、私も10年近く前に参加したことがあるんですが、参加賞がTシャツと大根でした(笑)

さてさて、今回の旅行でまず最初に向かったのが、三浦半島の先っぽのほうにある油壺マリンパークです。

生まれも育ちも神奈川の私ですが、マリンパークには来たことがありませんでした。

どんな場所か事前にはまったく知らなかったんですが、秋篠宮さまが紀子さまとデートをしたというニュースだけはなぜか強烈に覚えてました。

ちなみに、カツカレーを食ったというウワサです(笑)

121010_01

なにやら学園祭イベント開催中らしいです。

この油壺マリンパークは、規模はそんなに大きくなくて、昔ながらの水族館という雰囲気の場所でした。

ただ、魚の種類はそこそこであるものの、敷地内は広くて、芝生のエリアや展望台、子ども向け遊具つきの公園なんかがあります。

ゆったりと散歩やピクニック気分を楽しむのにいい雰囲気です。

晴れているとさぞかし楽しかったと思いますが、残念ながら雨がぱらつく悪天候(しかも寒い!)で、ちょっとテンション下がり気味の私たちでした^^;


さて、水族館ですが、不機嫌そうだった太郎が、サメなんかが入った水槽の前に行った瞬間、

「うーーー! うーーー!!」

と興奮し始めました(笑) やっぱり大きくて動くものには興味をひかれるようで、じーっと見てました。

121010_02

ただ、小さくてかわいいこういうお魚には無反応・・・

121010_03

あと、でっかくても動かないものには興味がないようです^^

ちなみに、ハロウィンが近いということで、あちらこちらの水槽にこんなような物が入っていました。
121010_04

メインの建物を出ると、イルカの水槽があって、2頭のイルカがスイスイと猛スピードで泳いでいました!

121010_05

121010_06

お! けっこう近くまでやってきてくれましたよ!

このマリンパークにも、アシカとイルカのショーがちゃ~んとあります。

きっと太郎も喜ぶだろうなあと思って、最前列に陣取ってショーを見ました。

ペンギン隊長率いる探検隊が、隠された財宝を求めてある島へやってきた・・・というストーリー仕立ての内容でした。

121010_07

この写真は、アシカ(オタリア)とイルカが音楽を演奏してるところです。

このアシカくんはなんと坂本龍一ばりにキーボードを披露!

まあ、トレーナーさんが指さしたキーを頭で押してるだけでしたが(冷めた発言すな。笑)

121010_08

こちらはイルカくん2頭のコンビネーションジャンプ!

定番ですが、何度見ても「おお!」と思っちゃいますね。

さて、太郎はさぞ喜んでくれるだろうと思ったのですが・・・

・・・最初から最後まで泣きっぱなしでした(^^;

やっぱりちょっと怖がりさんですね、太郎は。

ちなみに、探検隊というストーリーのせいか、ショーの途中にドラクエの曲がちょくちょく使われていたことが、ゲーマーの私にはとても気になりました(奥さんに言ったら呆れられましたが^^;)

レベルアップのファンファーレみたいな定番曲から、ドラクエ8のイベント中の曲まで、かなりツウな曲まで流してたので、結構なゲーマーが企画してるに違いありません。

しかし、許可取ってんのかな(笑)

さて、昼食です。

水族館の中には、持ってきたお昼を食べられる建物があったので、その中でお弁当を食べました。

晴れていてあったかかったら外で食べたかったんですけどね。

ちなみに食べるといえば、この水族館は、レストランでまぐろ料理を売りにしていたり、サザエのつぼ焼きを売っていたり、伊勢えびのつりぼりがあったりと、魚たちを食べちゃう催しを積極的にやってるように見えたんですが、これってどうなんでしょうかね(笑)

昼食を取った建物の屋上が展望台になっていて、園内がよく見渡せました。

121010_09

こんな感じで、すぐ横(高低差がありますけど)が海なんですね。

ほんと、晴れたらもっときれいで気持ちよかっただろうな~と思います。

さて、帰り際に、「かわうその森」というコーナーに立ち寄りました。

ここにいるカワウソが、予想に反してカワイイ!

かわうそというと、私はどうしても4コママンガの「伝染るんです」のかわうそを想像してしまうので(笑)、あんまりかわいいイメージがなかったんですけどね。

2匹で仲良くねんねしたり、空中に垂れたロープを噛んで口だけでぶらさがって身体をゆすったり、ちびっこたちに大人気!

121010_10

マリンパークで一番面白い展示だったかもしれません^^ 太郎もじーっと見入ってました。

かわうその森には、こんなものもいました。

121010_11


マリンパークに鳥ですか

もう何でもありという感じです(笑)


かわうその森には沢があって、小魚がたくさん泳いでました。エサをあげることもできて、なかなかおもしろかったです。

121010_12

帰りにおみやげを買おうとショップに寄ったんですけど、太郎にぬいぐるみでも買ってあげようと思って「どれがいい?」と選んでもらいました。

すると、かわうそのぬいぐるみをつかむなり、胸にギューーーッと抱くじゃ~ないですか!

いやあ、親ばかではありますけど、このしぐさはかわいすぎます!(笑)

子どもって、男も女も関係なく、やっぱりぬいぐるみって大好きなんですねえ。



というわけで、マリンパークを堪能して、次の場所へ向かったのでした。つづく。

|

« 京大・山中教授のノーベル賞のすごさ | トップページ | 秋の三浦半島旅行(その2)@城ケ島公園 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1679673/47396004

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の三浦半島旅行(その1)@京急油壺マリンパーク:

« 京大・山中教授のノーベル賞のすごさ | トップページ | 秋の三浦半島旅行(その2)@城ケ島公園 »