« 業界人はなぜ夜でも「おはようございます」なのか | トップページ | 【Book】今さらですが・・・ 『ねじまき鳥クロニクル』 by 村上春樹 »

2013年1月14日 (月)

久しぶりの大雪

関東の皆さん、今日はたいへんな雪でしたね!

成人式の人たちは、慣れない足袋などをはいているのに足元が悪くて、大変だったことでしょう。


私も奥さんも、成人の日ということで仕事は休み。奥さんは久しぶりに友だちと遊びに行くということで、私は太郎と家で留守番でした。

奥さんが家を出たときは雨がぱらつく程度だったんですが、太郎と朝ごはんを食べているときに「なんだか静かだなあ」と思って窓の外を見ると、いつの間にか激しい雪に変わっていました。

生まれも育ちも関東平野部の私にとって、雪は珍しいです。だからこの歳になっても、雪が降ると非日常のワクワク感を感じてしまいます。

太郎に窓の外を見せてあげると、「おおーーー!」と大声を出しながら降りしきる雪を指差し、じーーっと眺めていました。


130114_01


もうちょっと大きくなっていれば、雪だるまを作ったりして遊べたんでしょうけど、鼻かぜ気味だったこともあって、残念ながら今回は雪を見るだけにしときました。

家に閉じこめられて、お母さんにも遊んでもらえず、すっかり退屈してしまった太郎は、読書をしていました。

読んだ本は・・・


130114_01_2

「現代素粒子物語」(笑)

久々にこんなジャンルの本を読もうと思って持ってきたら、すかさず太郎に奪われました(^^;

最近太郎は大人のやること成すこと何でもマネしたがるので、私が持ってる本をすぐ手にとって、ページをめくったりして遊ぶんですよ。

なぜか本の帯に書いてあったヒッグス博士の顔写真が気になったようで 「あり? あり?」 としきりに何者かを尋ねてきました。 じいじに似ていたのかも(笑)


さて、私の住む横浜ではそのまま雪は激しく降り続いて(「爆弾低気圧」のせいらしいですね)、お昼になっても止みませんでした。

奥さんは午後になって、びしょびしょになって帰ってきました。せっかく子どもから離れてリフレッシュの機会だったのに、こんな暴風雪にあたってしまって不満タラタラだったんじゃないかと思いましたが、雪景色を堪能できて満足そうでした(笑)

ぐちゃぐちゃ雪ではありましたが、最終的に10cmくらい積もったと思います。ここまで積もったのは、10年ぶりくらいじゃないかな。

夕方には雪は小雨に変わりましたが、大量に積もった雪は溶けきらず、夜になっても道路は雪だらけでした。

明日の出勤のときが怖いです。滑らないようにゆっくり歩かないといけなそうだし、普段より早めに家を出ようと思います。



雪がおさまった後、ミネラルウォーターを買いに少し外出しました。

そのとき、ちょっとだけ写真を撮ってきたので、想い出にアップしときます。


130114_02


お店の駐車場。手前の段差みたいなところを見るとわかるように、けっこうぶ厚く雪が積もりました。


130114_03

近所で見つけた雪だるま。顔つきですね! ブタ?


130114_04


こちらは、首長族の雪だるまでしょうか(笑)

空き地や公園などには、たいてい雪だるまが置いてありました。このへんの子ども達にとっては、雪はめったにないから、楽しくてしょうがないんでしょうね。

今度大雪が降ったら、太郎と一緒に作りたいと思います。

 

|

« 業界人はなぜ夜でも「おはようございます」なのか | トップページ | 【Book】今さらですが・・・ 『ねじまき鳥クロニクル』 by 村上春樹 »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
今日の出勤は大変なことになりそうですね。

初お目見えの太郎ちゃん、かわいい♫
好奇心いっぱいで、末頼もしいです!

投稿: PIO | 2013年1月15日 (火) 07時17分

今日はいつもより早めに出勤しましたよ。でも、みんな同じことを考えていたようで、電車は混み混みでした。とりあえず、私も奥さんも太郎もケガしなくてよかったです。

太郎の写真、見て頂けましたか。最近、パパ嫌いに磨きがかかってきて大変ですが、いい子にしてるとほんとにかわいいです(笑)

投稿: ネリノ | 2013年1月16日 (水) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1679673/48753376

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの大雪:

« 業界人はなぜ夜でも「おはようございます」なのか | トップページ | 【Book】今さらですが・・・ 『ねじまき鳥クロニクル』 by 村上春樹 »