« 鬼と太郎 | トップページ | ビジネスホテルのQuoカード付プランの良否 »

2013年2月 4日 (月)

今度は第3回MTVロック検定に申し込んでみた

突然ですが、MTVが主催する「ロック検定」という趣味の検定試験を知っていますか?

ロック検定とは、2007年、2008年の2回にわたって行われた、ロックミュージックを愛する人のための試験です。

2008年を最後にやらなくなってしまったので、音楽ファンからもすっかり忘れ去られていたようです。

ところがこの試験、なんと5年のブランクを経てまさかの復活を遂げることになりました!

3月3日、第3回のMTVロック検定が実施されます。

  ロック検定の告知 (GYAO MTV Satelite)

私はこんな試験が過去にあったことすら全然知らなかったんですが、今回の告知を見て、ついその場で申し込んでしまいました(笑)



ただ、この試験を申し込むのにあたって、ちょっとためらいがあったんです。

というのも、私はいまだに「ロック」という言葉に「反体制」のようなイメージを強く持っているので


真面目にペーパー試験をやるという発想が

そもそもロックじゃない


ような気がしてならなかったんですよ(笑)

でもまあそこは気にせず、純粋に音楽好きのイベントとして、参加することにしました^^;



音楽関係の検定といえば、昨年クラシックソムリエ検定というものを受けてみましたが、私は数年前まではクラシック以外の音楽しか聴いてなかったんです。

そんな私には、ロック検定のほうが古巣の分野で取り組みやすいという気がしていました。

しかしこの試験、実際にサンプル問題を見てみると、相当難しいです!

試験問題は、50年を越えるロックの歴史全般から、アーティスト、楽曲、フェス、時事など幅広い切り口で出題されます。

私は、もちろん60~70年代の一番アツかった時代をリアルタイムに体験していませんし、昔の名盤なんかを熱心に聴いたわけでもないんです。

だから、はっきり言って自信を持って答えられる問題は3割くらいしかありませんでした。ほんとに難しい!

合格はかなり厳しい気がしてきましたが、まあ趣味ですから、特に何か勉強したりはせずに気楽に受けてみます。

とはいえ、せっかくの機会なので、宅配CDレンタルで今まで聴いたことがなかったいわゆるロックの名盤をどさっと借りて聴いたりしています^^。



ちなみにこの試験、合格判定基準がおもしろいんですよ。

基準点を超えれば合格というものではなく、受検者の成績上位○○パーセントが合格、という相対評価なんです。

3級は上位80%が合格。これなら私でもいけそうな気がします。

だけど私は2級を申し込んでしまいました。2級は上位35%が合格です。ここからいきなり狭き門になってきます。

しかも問題のレベルもアップしますし、2級の受験者はかなりコアなロックファンが多いと思われるので、その中での上位35%というのはかなり厳しいハードルになりそうです。

さてさて、どうなることやら。

この試験を受ける方、いましたらぜひ一緒に楽しみましょう!

 

|

« 鬼と太郎 | トップページ | ビジネスホテルのQuoカード付プランの良否 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

へええ。全然知りませんでした。ロック検定。
こういう検定って、時間が経つとともに難化していくのが普通だから、早いうちに受験するのって正解だと思いますよ。
「成績上位35%が合格」なんて基準の試験なら特に!
私の友人に、デヴィッド・ボウイの大ファンがいるんですが(今年の新曲発表に狂喜してます^^♪)、彼もロックに分類されるのかしら?

投稿: PIO | 2013年2月 5日 (火) 21時42分

ネリノさん!
いつもレアな情報ご存知で、面白いですね。
しかも、「ペーパー試験を受ける事はロックじゃない!」ご意見などいつも「ごもっとも!」なお考えなのに、受験はするのね…という予想外な感じがステキです。
ロック検定2級…面白いです!
頑張ってくださいね。p(^_^)q

投稿: ミナゾウ | 2013年2月 6日 (水) 00時43分

この手の検定は、それほど興味がない人は存在自体気づかないものですよね。今回は5年ぶりということもありますから、ちゃんと受験者が集まったのか、少し心配ではあります^^ ロック検定はもう既に問題がかなり難化してる気がします(笑) お手柔らかにお願いしたい!

デヴィッド・ボウイはすんなりロックに分類されると思いますけど、最近はどこまでがロックなのか、分類がとっても曖昧ですね。基本的には数人のバンド形式の音楽を指すんでしょうけど、そうでないのも多いですし。

投稿: ネリノ | 2013年2月 6日 (水) 00時43分

ミナゾウさん、どうも!

コレ、本当に「精神的にロックな人」は受けないかもしれませんね^^ 

ちなみにロック検定には公式テキストというのがあって、こんなようなことが書いてありました。

「ロックを勉強する」などときいたら、ジョン・レノンは「ロックは勉強するもんじゃないぜ」と一蹴したことだろう。しかしサンプリングの手法が一般化した80年代後半には、ロックは「勉強するもの」になっていた。

なるほど。
だけどジョンにとっては、これも意味のない屁理屈でしょうねえ(笑)

投稿: ネリノ | 2013年2月 6日 (水) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1679673/49186102

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は第3回MTVロック検定に申し込んでみた:

« 鬼と太郎 | トップページ | ビジネスホテルのQuoカード付プランの良否 »