カテゴリー「ゲーム」の5件の記事

2013年2月16日 (土)

隕石衝突でケガ人多数・・・のニュースを見て思ったこと

ロシアで隕石によるとみられる爆発があって、1000人以上のけが人が出たというニュースがありました。

皆さんは映像で見ました? こわいですよね~。

白い雲を引きながら光る物体が空から降りてきたかと思うと、突然あたりがまぶしい光に包まれ、巨大な爆発音と衝撃が伝わってくる・・・

なんだか現実のものとは思えないような光景でした。



隕石というのは、実は頻繁に地球に落ちてきていて、豆粒大の隕石は1時間あたり10個、クルミ大なら1時間に1個、グレープフルーツ大なら10時間に1個という割合で、地球に降り注いでいるのだそうです。(立花隆『21世紀 知の挑戦』より) 

でも、今回の隕石は数mから10m程度の大きさだったと推定されていて、数十年に1回クラスの比較的大きいものでした。

大気が濃い対流圏(地上10kmまでの範囲)に入ったあたりで爆発して粉々になったため、地上にはごく小さい破片が少数落ちてきた程度ですんだようです。

だから、隕石が直接人に当たることはなかったようですが、爆発のときの衝撃波がすごくて、多くの建物のガラスが割れる被害が出てしまいました。

自然というのはすごいものです。

当り前ですが、地球も宇宙の一員なんだと実感させられるニュースでした。



これまで私は、隕石による被害というと、人に直接あたってケガをさせるというパターンだと思っていました。

ゲームのファイナルファンタジーなんかでも(いきなりゲームの話か^^)隕石を降らせて敵をやっつける「メテオ」という魔法があって、隕石が敵にあたるような映像演出がされます。

でも直接隕石が当たらなくても、衝撃波というかたちでこんなに広範囲に被害が及ぶものなんですね。

まったく想像していませんでした。

次回作では、そこらへんの表現を作り直す必要がありそうですね (無いか・・・)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

ファイナルファンタジー展・・・に入れず!@渋谷ヒカリエ

さて、にわかにゲームネタの話が多くなっている当ブログですが(笑)、実はこの9月1日、2日に都内で「ファイナルファンタジー展」というイベントが開催されています。

モグのFF展ガイド(期間限定ページ)

実は1987年に「ファイナルファンタジー」(FF)の第1作目が発売されてから今年でちょうど25年目になります。

それを記念して、過去のシリーズをスタッフ秘蔵のお宝とともに展示で振り返ったり、クイズやゲームコーナー、物販などが盛りだくさんの、ファン必見のイベントだそうです。

最近、FFに関しては熱心なファンとはいえず、最新作をくされ縁でやってる感じの私ですが、昔はすごくハマったゲームの記念すべきイベントということで、日が近づくにつけてかつてのゲーマー魂がふつふつとしてきました(笑) これは行ってみたい!

開催場所は、あの噂のスポット、今年開業した商業施設渋谷ヒカリエ

私も奥さんもヒカリエには行ったことがありません。

よし、だったらFF展とヒカリエと、ダブルで楽しめていいじゃないか。とにかく行ってみよう!

ということで、太郎と奥さんを連れてみんなで渋谷に出かけてきました。

2週連続のおしゃれスポット探検です。


渋谷の東急田園都市線の駅コンコースへ行くと、こんなものを発見しました。



120901_1


いきなり出ました、超巨大ポスター!

第1作目からFFのイメージイラストを手がけてきた有名なイラストレーター、天野喜孝氏のイラストが並んでいます。

ちゃんと左から1作目、2作目、・・・になってます。

ちなみに、いろんな意味でFFのライバルとされる「ドラクエ」は、昔からアラレちゃんやドラゴンボールで有名なマンガ家の鳥山明氏がイラストを担当していて、誰にでも親しみやすい温かみのある絵が特徴でした。

それに対して天野氏が描くFFのイラストでは、人物がみんな切れ長の三白眼で、ちょっとコワい顔をしています。

だから、「FFのイラストを見せたらうちの子が泣いた」なんてことを複数の人に聞いたことがあります(笑)


さて、FF展の入り口は地下3階にあるということなので、そのまま地下道を通ってヒカリエに向かってみると・・・




120901_2



うわー、すごい人!


一応、開場直後に行ったので、「朝だしまだそんなに人いないかな。せいぜい10分20分待てば入れるだろう」とタカをくくってました。

そしたらヒカリエから数百m離れたところからこの有り様。

FF展を知らない道行く人たちも「なんだなんだ」と行列を眺めていきます。

係の人の話によると、だいたい3時間待ちだとか。ひえーーー!

まあ、でもそりゃそうですよね。

最近は一時期ほどFFの売れ行きの勢いはありませんが、熱心なファンは相当数いますからね。

それに、こういう記念イベントをたったの2日間だけやるというのは、考えてみりゃ短か過ぎます。

ドラクエのほうは、去年かおととしに25周年記念の展覧会を六本木ヒルズの森美術館で、2カ月くらいにわたってやってましたから。

それと似たようなことを2日でやったら、そりゃ混みますよね。認識が甘かったです。


というわけで、太郎もいることだし、残念ながらFF展はあきらめました

今度こういうのがあったら、あらかじめ宣言して一人で来ます(奥さんはさして興味ないので。笑)

とりあえず、列の先頭のヒカリエ入口の受付まで行って、うらめしそうに様子を眺めてきました。



120901_3


さて、渋谷ヒカリエの中をのぞいてみました。

地下3階から7階までがショッピングフロアになっています。

言ってみれば普通の駅前のファッションビルみたいな感じですが、さすがはヒカリエ、内装がなんともオシャレな雰囲気をかもし出していてキレイです。

もっと現代的でスタイリッシュなのかなと思ってましたが、ショッピングフロアは全体的にオーガニックだったり、ヨーロッパの街角風な感じだったり、落ち着く感じのデザインでした。

デパ地下部分に入っているお店は、かなりの有名店、高級店ばかり。おいしそうだし、やや高級なものが多いので財布のひもにご用心^^

また、フロアごとに微妙に壁とかのデザインが違います。地下3階のトイレなんて、こんな感じです:



120901_4


もはやトイレじゃないですね、これは。

というか、入口にもトイレじゃなくて<span style="color:rgb(255,0,0);">「Switch Room」なんて書いてあります。


渋谷駅には、JR、東急東横線、東急田園都市線(東京メトロ半蔵門線)、銀座線、副都心線、京王井の頭線と、たくさんの路線があるんですが、それぞれの駅の場所がばらんばらんなんですね。

これまではそれらを結び付けるきれいなルートがなくて、乗り換えが複雑だったんですね。

しかしこのヒカリエには、渋谷駅に乗り入れるすべての鉄道の駅からやって来れるように通路と案内が整備されています。

渋谷に新しい人の流れを創り出し、その中心にヒカリエを置くというこのコンセプト、よく考えられてますよね。



120901_5


エスカレーターの上のところに、各路線の案内表示がズラリ。人が集まってくる場所、という感じがします。

ちなみに、この路線の案内表示の部分にはLEDがついていて、インスタレーションっていうんでしょうか、イメージデザイナーが製作した映像が流れています。

このあと、おみやげのパンを買って、お昼を食べて、ひととおりフロアを見てまわって帰ったんですが、パンを買ったお店というのがこちらです↓



120901_6


このお店、ミシュランで3つ星を獲得している有名なフレンチレストラン「ジョエル・ロブション」がやっているパン屋なんです。

ここで、1番人気のバターロールと、2番人気の夏野菜カレーパン、バケットなんかを買いました。

奥さんが言うには、このお店は一時期はあっという間に売り切れることで有名だったらしいですが、今日はすいていました。

ヒカリエ全体も、午前中はすごく空いていて「こんなにゆったり見られるんだ~」と思ったんですが、午後帰るころには相当混雑してきました。

買い物をゆったりしたいなら、やっぱり午前中をおすすめします!


というわけで、ミーハー家族によるヒカリエ見物でした^^

ちなみに帰りにFF展の様子をだめ元で見たんですが、依然として3時間待ち。FFファンのパワー、すごいです。




| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

Play Station Vita がゲームアーカイブスに対応

昨年発売になった、ソニーの最新携帯ゲーム機、Play Station Vita(ヴィータ)

この Vita では、いままで初代Play Stationのゲーム(ゲームアーカイブスという名前でダウンロード販売されている)が遊べなかったのですが、8月28日からこれが遊べるようになりました。


実は私、このニュースを聴いて悔しくて歯ぎしりしております。

なぜかというと、

つい数日前に、Vitaの一世代前の携帯ゲーム機

Play Station Portable (PSP)を買ってしまったからです


昔はゲーマーだった私も、最近はゲームから遠ざかっていて、そんなにやりたいと思ってなかったですね。

ただ、以前ブログに書いたとおり、私が小学生のころにハマったゲーム、Final Fnatasy 3 のリメイク版が9月にPSPで出ることになりました。

それで、どうしてもこれを遊んでみたくなって、ボーナスの残りでPSPを買ってしまったわけなんです。

ですが、実はPSPのゲームは、最新の携帯機 Vita のほうでも遊べるんです。

じゃあなぜ、今さら旧世代の携帯ゲーム機であるPSPを買ったのかというと

PSPでは PS1 のゲームも遊べるからなんです。

ソニーの据え置き型家庭用ゲーム機は、初代Play Station (PS1)、Play Station 2 (PS2)、Play Station 3 と出ていますが、このうち PS1 のゲームに関しては、「ゲームアーカイブス」という名前でダウンロード販売が行なわれています。(※)

そして最近まで、ダウンロード購入したPS1のゲームは、携帯機のPSPにコピーして遊べたんですが、PS Vita ではそれができなかったんですね。

私が PSP を買った大きな理由はコレだったんです。すでにゲームアーカイブスのPS1のゲームをいくつか持っているから、休眠中のPS1のゲームも遊べるようにしたかったんです。

だからPS1のゲーム未対応のVitaはやめにしたのに、買った数日後に対応するとは、やられました! 知ってたらきっと Vita を買ったよ!!

最近のゲーム機は、OS部分をアップデートすることでどんどん機能を加えられるようになっているから、こんなことが起こるんですよね。



さて、PSPを買ったのはいいんですが、1つ問題があります。

それは

ゲームをする時間がないこと!

これは忙しい社会人ゲーマーすべてに共通の悩みじゃないでしょうか。

今はまだお目当てのFF3が発売されていないので、別にいいと言えばいいんですが、FF3が出てもいつやるの、って感じです。

私は家族だんらんの時間を削ってまでゲームをするつもりは全くないですし、ブログもやめるつもりはないです。

じゃあ通勤時間にやればいいじゃん、ということになりますが、

恥ずかしいからイヤなんです



じゃあ携帯ゲーム機なんか買うな!と怒られそうですけど(笑)、恥ずかしいものは恥ずかしい。

電車でフツーにPSPをやってる人はすごいなあと思います。

というわけで、すっかり宝の持ち腐れ状態のPSP。いつ本格的に遊べる時が来るのでしょうか・・・




※最近、Play Station 2 のゲームもダウンロード販売が開始されました。ただしこちらは今のところ Play Station 3 にのみ対応しており、PSPでもPS Vitaでも遊ぶことができません。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

気になるあのガムをゲット!

突然ですが、一部でうわさになっているあのガムを買ってみました。




120824_1


佐藤健&佐々木希の「噛むとフニャン」CMで有名なガム Fit's のスライム味です!

このガムは、8月にドラクエの最新作である10(テン)が発売されたのにあわせた、期間限定の商品です。

味はスライムなだけに「すっぱいライム味」で、さらに「スライム食感」(?)が特徴らしいです。


実は私は何を隠そう、元ドラクエマニアなのです(今は卒業しましたが)

小学生のころは本当にハマりまくっていて、発売元のエニックス(当時)が一時期主宰していた「オフィシャルファンクラブ」の初代会員にもなってました。

そして人生で初めて買ったCDは「交響組曲ドラゴンクエスト4」という、けっこう筋金入りのマニアです(笑)

うちにはWiiがないので、Wii向けの最新作は遊べないんですが、それでもテレビCMであのマーチが聞こえてくると、今でも胸の高鳴りを感じます(^^;


さて、ガムの話に戻ると、パッケージの中はこんな感じです。




120824_2


包装紙までスライムでかわいいでしょう?(笑)

さっそく1つ食べてみたんですが、甘酸っぱい味が夏っぽくてなかなかいけます。

ただ、昔食べた Fit's と比べて、歯ごたえが固くなっている気がします。

多分これが「スライム食感」なんでしょう。

スライムは単にフニャフニャしてるわけではなく、けっこう弾力がある若々しいお肌みたいです。

Fit's はもともと、「かむのが面倒な若者をターゲットに、フニャンとやわらかいガムを出そう!」というのをコンセプトにしていたはずですが、ロッテさんはコンセプトよりもドラクエとのコラボを選んだようです(笑)

いま、コンビニなんかでは大量に置いてあるんじゃないかと思うので、ドラクエが好きな人はぜひ一度試してはどうでしょうか。



さて、うちで奥さんと一緒に Fit's をくちゃくちゃやって

「まあまあだね」「意外と固いね」などと話していると、

なにやら足元からも「クチャクチャ」という音が聞こえてきました。

何かを思って見おろすと・・・

太郎が脚にしがみついて



ガムをかむマネをしてるじゃないですか!(笑)

こっちを見上げながら嬉しそうに



エアーガムを噛み続ける太郎・・・(笑)

この年頃の子ってほんとになんでもマネしますねぇ!(^^;




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

おやじのコントローラー

昨日、実家で父に会ったので、その思い出話をひとつ。


「ファミコン」が私の家にやってきたのは、小学校一年か二年のクリスマスでした。

本体と同時に「スーパーマリオブラザーズ」を買ってきたはずなので、確か1985年だったと思います。(←スーマリは1985年発売)

それまで私は、ファミコンのファの字も知らない子どもでした。なのにうちのオヤジ(父)は、クリスマスの日に、頼みもしないのに勝手にファミコンを買ってきたのです(笑)

その当時はテレビゲームは今ほどメジャーな娯楽ではなく、「こんなもので遊んでいたら子どもがダメになる!」と世の親たちが不審感をあらわにしていた時代でした。

それなのに、自分からすすんでファミコンを買ってくるとは、うちのオヤジは一体なにを考えてたんだろうかと思わないでもないです(笑)


さて、自分で買った割にはほとんどゲームをしなかったうちのオヤジ。

だけど休日に、ごくたま~に麻雀のゲームを遊んだりしていました。

私は麻雀のルールなんて全然知らなかったので、横からゲームを見ていてもまったく訳がわかりませんでした。

でも、いつも「ほらゲームなんかやめろ!」と言ってくるオヤジがコントローラーを握っている姿を見ていると、なぜか妙に嬉しかったのを覚えています。


しかし、ここで一つ問題が!

私は、オヤジが遊んだ後にファミコンをやるのがすっごく嫌だったのです。

なぜかというと、オヤジが遊んだあとのコントローラーはなんだかすごく脂ギッシュでヌメヌメするからです(笑)

しかもにおいをかいでみるとなんかクサい!

これは困った!

こんな気持ち悪い物、さわりたくないよう!

でもゲームはやりたいし・・・どうしようどうしよう・・・

という感じで、迷いつつも結局はゲームをやりたい欲求に負け、私は不快な気分でその「ヌメヌメコントローラー」、略して「ヌメコン」を握ったのでした。


しかし時が流れて大学生になったある日・・・

プレイステーションで遊んでいた私は、ふと気づきました。



なんかこのコントローラー、ぬめぬめしてるぞ、と!(笑)



そしてにおいをかいでみて思いました。



こりゃあ、オヤジ使用済のコントローラーのにおいだ、と!!



これは衝撃的でした。

それまで私は、においや脂っけというものに抵抗があって、自分はそんなものを発していると認めたくない、自分はまだオトナじゃない、というような気持ちがありました。

けれども、プレステのコントローラーは私に「お前ももう子どもではないんだ! ピーターパンではいられないのだ!」という厳しい言葉をつきつけていたのでした。

そういえば昔、テレビで関根勤が「おれの身体って自分の親父のにおいがするなあと思ったとき、自分がオトナになったと感じた」みたいなネタを話していました。

大学生になった私は、ようやく彼の言葉の意味を痛いほどわかったのでした(笑)


そんなヌメヌメの父も、最近はすっかり手がカサカサになってきました。

最近はゲームなどまったくやらないようですが、やったとしても「ヌメコン」にはならないかもしれません。

そう思うと、なんとなく切ないなあ (^^;



追伸。臭い臭い言うてますが、決して私はフケツな男ではないので、くれぐれも誤解しないようにお願いします(笑)





| | コメント (0) | トラックバック (0)